注意」タグアーカイブ

秋の脱毛で気を付けるポイントとは

次の夏こそは、ムダ毛が気にならないつるつるの肌になりたいと思っている人や毎日のようにムダ毛を自分で処理することを続けるのが面倒になってしまった人、度重なるカミソリや毛抜きの使用で、毛穴の目立ちや色素沈着、カミソリ負けなど肌が傷んできたなくなってしまった人の中には、真夏の暑さが終わる秋に脱毛を始める人がたくさんいます。肌が隠れる秋から冬にかけて一生懸命脱毛に取り組むことは、肌の内部のメラニン色素が減少し、効率よく安全にムダ毛を脱毛することができるので、良い季節ですが、日差しが強い日が残っていたり、夏の日焼けで増加した肌内部のメラニン色素が落ち着いていなかったりすることがあるため、注意が必要です。
ムダ毛を脱毛するときには、美容系のクリニックでもサロンでも、ムダ毛の毛根に密集している黒いメラニン色素と、黒い色に反応して熱を発生する性質がある特別な周波数の光を反応させて、発生した熱のエネルギーで毛根にダメージを与えることが一般的です。毛根にメラニン色素が密集しているため、効率よく熱を発生させることができ、毛根にダメージを与えることができるという仕組みで、ダメージを受けた毛根は毛を作る働きが弱くなるため、ムダ毛が細い産毛のように目立ちにくい毛質になったり、生えにくくなったりする効果を期待することができます。クリニックの医療脱毛では、脱毛に使う光のパワーが強いため、毛根に与えるダメージも大きく、ダメージを受けた毛根からムダ毛が生えてこなくなる永久脱毛をすることができます。
秋の脱毛では、あまり日焼けをしていない人なら大丈夫なのかもしれませんが、まだ日差しが強くうっかり日焼けをしてしまうことがあったり、夏の間に日焼けをしたことで肌の中にメラニン色素が増えている状態が続いていたりすることがあるので、日焼けによるメラニン色素と脱毛に使う光が反応してしまう可能性があるので注意が必要です。肌の中のメラニン色素は、毛根に密集しているメラニン色素よりも少ないので、火傷をしたりする心配はほとんどありませんが、万が一のことを考えると、日焼けが落ち着いてから施術を受けることをおすすめします。
また、肌の中にメラニン色素が多い状態で光をあてると、肌のメラニン色素と光が反応してしまい、毛根に届く光が減少する可能性もあります。毛根に届く光が少なくなることで、脱毛効率が低下してしまう可能性もあるため、日焼けをした直後や日焼けの程度が高い場合には、サロンでもクリニックでも、施術を受けることができない場合が多いのです。せっかく施術を受けに行っても、断られてしまう場合が多いので、日差しが弱くなってきている秋と言えども、日焼けをしないように、日焼け止めクリームを使ったり、肌が隠れる衣服や日傘で肌を守ることをおすすめします。

冬の脱毛で気を付けるポイントとは

冬の間は肌の露出が少ないですし、ムダ毛処理を怠っているという人もいるでしょう。確かに長袖や長ズボンなどを着ている場合は肌を隠すことができます。しかし、エステサロンやクリニックで脱毛を受けたいという場合、冬から始めた方が良いのです。寒い時期から始めることにより、夏など薄毛になる季節に間に合わせることができるでしょう。肌の表面に出ているムダ毛というのは全体の20~30%程度と言われています。表面に出ているのは成長期のムダ毛のみであり、退行期や休止期のムダ毛などは表面に出ていません。ムダ毛は皮膚の下にたくさん眠っているため、全てのムダ毛を処理するためには何度かエステサロンに通う必要があります。エステサロンでは毛周期に合わせた施術を行っており、1回だけで完了するわけではないと知っておきましょう。エステサロンではフラッシュ脱毛という施術が主流となっているのですが、成長期のムダ毛にしか効果が出ないということです。休止期の毛が成長期に入るのを待ってから施術を行う必要があるため、2~3ヵ月に1回程度通うことになるでしょう。施術をした後は1~2週間でムダ毛が自然に抜け落ちていきますが、さらに時間が経つと休止期だったムダ毛が成長期になり、再び肌の表面に出てくるということです。寒い時期から脱毛を始めておくことにより、薄着になる季節までに2~3回は施術を受けられることになります。脱毛にはいくつかの注意点があります。特に日焼けには注意が必要なのですが、夏などの時期は紫外線を避けることが難しいでしょう。紫外線の少ない時期なら脱毛後の肌を傷めるリスクが減りますし、安心して通うことができるのです。ちなみに、エステサロンによっては施術の際にジェルを使うこともあります。そのジェルがかなり冷たいこともありますし、冬に脱毛を受ける場合はジェルを使わないところを選んだ方が良いでしょう。紫外線の量は4~5月になるとかなり増えますし、特に腕や脚など露出する部分の脱毛を考えている場合、寒い時期から通った方が安心です。また、冬というのはエステサロンでいろいろなキャンペーンが行われていることも多いです。やはり夏になってからエステサロンに通う人が多いですし、寒い時期は通う人が少なくなるので利用者を増やすためにキャンペーンを行っているエステサロンが多いということです。エステサロンがどのようなところなのかよく分からないという人もいるかもしれません。エステサロンではプロによる脱毛を受けることができますし、自己処理よりも短期間でムダ毛の悩みを解消できるでしょう。脱毛というと夏の時期をイメージするかもしれませんが、寒い時期からスタートさせることでさまざまなメリットがあるのです。

夏の脱毛で気を付けるポイントとは

ムダ毛は女性にとって気になるものですし、特に恋人やパートナーのいる人などはきちんと処理しておくことが大切です。きちんとムダ毛処理を行うことで堂々と肌を露出できるようになりますし、お洒落を楽しめるようになるでしょう。ムダ毛はカミソリや毛抜き、シェーバーなどを使って自宅で処理することもできます。しかし、そのような自己処理を繰り返すと肌への負担が大きくなってしまうため、エステサロンに通ってプロによる脱毛を受けた方が良いでしょう。最近ではさまざまなエステサロンが登場しており、どこを選んだら良いのか迷ってしまう人もいるかもしれません。人気の高いエステサロンに通えばきちんとムダ毛を無くせるということですが、脱毛を始める時のポイントや注意点についても知っておくことが大切です。夏になるとムダ毛が気になるため、この時期にエステサロンに通い始める人が多くなっています。しかし、春になってからエステサロンに通い始めても夏には間に合わないので注意しましょう。脱毛といってもいろいろな方法がありますが、肌がきれいになるまでに最低でも1年はかかってしまうということです。ムダ毛には毛周期というサイクルがあり、エステサロンではその毛周期に合わせた施術を行っています。1回の施術で効果を期待できるのは表面に出ているムダ毛のみであり、皮膚の下に眠っているムダ毛を処理するためには2~3ヵ月に1回という頻度でエステサロンに通う必要があるのです。1年経てばそれなりに効果を実感できますし、以前よりも自己処理の頻度を減らすことができるでしょう。夏までに綺麗な肌を手に入れたいという場合、秋頃からエステサロンに通うのがおすすめです。秋から通い始めれば来年の夏までにはかなりムダ毛が薄くなっていますし、自己処理もあまり行わなくて済むようになります。ちなみに、脱毛後は肌がとてもデリケートな状態になっていますし、この時に紫外線をたくさん浴びると肌トラブルが起こりやすいということです。秋になると紫外線の量が少なくなりますし、脱毛を始めるのに最適な時期と言えるでしょう。また、脱毛を受ける時にはある程度毛を伸ばしておく必要があります。夏は薄着になる機会も多いですし、脱毛を受けるためにムダ毛を伸ばしたままだと気になってしまうでしょう。秋なら肌の露出が少なくなりますし、ムダ毛を伸ばしていても気になりません。脱毛後は肌がデリケートな状態であり、紫外線を浴びることで肌への負担になってしまいます。また、エステサロンで使われているマシンの光は黒い色素に反応するという仕組みであり、日焼けをしているとその部分にもマシンが反応してしまいます。肌トラブルを避けるためには出力を下げる必要がありますし、それによって効果が出にくくなってしまうでしょう。

春の脱毛で気を付けるポイントとは

脱毛処理を希望するなら、暖かさが感じられる春の時期から始めたいと願う人が多くなってきます。エステサロンでもそのことを承知しているためか、盛んにお得なキャンペーンを開催する光景が目立ちます。
人気の季節ではあるものの、春から脱毛を始める場合、注意するポイントがあることを意識して利用したいところです。
この時期は日差しが徐々に強くなってきます。意外なことに、1年を通じて4月~5月の間は最も紫外線の量が多い季節でもあります。日差しの暖かさが心地良くあるものの、5月頃になると日差しが眩しく感じられるようになるのが特徴です。
紫外線は日差しの中に含まれます。7月や8月のように肌をこんがりと焼くような紫外線ではありませんが、肌の奥へと浸透する紫外線ダメージが蓄積しやすい季節ですので、脱毛施術を受けることによって紫外線ダメージで敏感になっている肌がトラブルを引き起こす危険が高くなります。
見た目ではわからないものの、エステサロンやクリニックの光やレーザーによる脱毛処理は、皮膚の奥に熱処理を加えてむだ毛を取り除きますので、施術直後から数日間は少し炎症を起こしている状態です。そこに紫外線ダメージが加わると炎症が強くあらわれたり、シミの原因になるなどのリスクを伴うため、注意しましょう。
おすすめの対策方法として、施術後に肌が落ち着いてくるまで、露出度の高い衣服を着用しないように配慮したり、日焼け止めや帽子、日傘などで日差しを防止するような生活を送るようにしてください。これで脱毛施術におけるトラブルを抑えることができます。
冬よりはましではあるものの、春はまだ乾燥した季節に該当します。埃がよく巻き上がるくらいに湿気が少ない状態です。同時に肌が乾燥しやすいため、脱毛施術で肌が敏感に反応してしまう恐れがあります。基本的に脱毛施術は敏感肌でもできるほど安全性が高いものですが、肌への負担が全く無いものではないため、出来る限り肌の保湿を保って外部刺激に強い状態に整えたいところです。
ですので、この季節には保湿ケアを怠らないようにしましょう。ローションや乳液、クリームなどで整えてあげると、乾燥から肌を守ることが可能です。顔用だけでなく、全身用の商品も売られています。特に洗顔やお風呂に入った後は皮脂が取り除かれて乾燥しがちですから、直ちに適切な保湿ケアをするように徹底しましょう。
これらのポイントに注意すれば、基本的には問題ありません。暖かい季節ですので、施術中に肌を露出しても寒くないメリットがあります。但し、夏までにむだ毛処理がほぼいらなくなるほどツルツルの状態にするには時期的に遅いため、前年の秋や冬など、もっと前の段階から脱毛施術の依頼をしたほうが良いといえます。