脱毛サロンの施術の効果と痛みの関係性!

脱毛サロンで効果を得たい。当然のことですよね!でも同時に痛みも感じたくない。こんなニーズって多いと思います。でもちょっと待ってください!そもそも脱毛サロンでの施術で痛みを感じるのはなぜなんでしょうか?この辺はご存知でしょうか?

これに関してなのですが、基本的に施術にメカニズムと痛みっていうのが密接に関わってきます。当然施術は光で行われている訳ですが、これが毛根の黒い部分に反応してその熱で周囲の毛母細胞を壊していくんです。なので、痛みっていうのはこの毛母細胞を壊している段階で起こってくるはずなんです。

つまりどういうことか?

これは毛母細胞を壊すっていう効果があるからこその痛みなんですよね。なので、基本は痛みとかって感じたくないってのはわかりますが、やはりちゃんとした効果が出ているっていうことは痛みも同時に伴うものなんです。なので、痛みが少ない方が良い。でも効果は得たいっていうのは二律背反的な側面を持っていまして、なかなか同時に満たすことができない悩みにもなってくるのかなぁなんて思います。

ただし、やっぱり施術を重ねて幾度に壊す毛母細胞は少なくなっていきますので、結果的には1回目、2回目というような始めの段階は痛みを感じて、慣れも相まって徐々に痛みは軽減されていきます!効果も産毛化してくれば当然毛根の黒い部分は薄くなっていくので光を吸収しづらくなり効果も落ちてきますけどね。この辺は知っておいて損はないかなと思いますよね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です