秋の脱毛で気を付けるポイントとは

次の夏こそは、ムダ毛が気にならないつるつるの肌になりたいと思っている人や毎日のようにムダ毛を自分で処理することを続けるのが面倒になってしまった人、度重なるカミソリや毛抜きの使用で、毛穴の目立ちや色素沈着、カミソリ負けなど肌が傷んできたなくなってしまった人の中には、真夏の暑さが終わる秋に脱毛を始める人がたくさんいます。肌が隠れる秋から冬にかけて一生懸命脱毛に取り組むことは、肌の内部のメラニン色素が減少し、効率よく安全にムダ毛を脱毛することができるので、良い季節ですが、日差しが強い日が残っていたり、夏の日焼けで増加した肌内部のメラニン色素が落ち着いていなかったりすることがあるため、注意が必要です。
ムダ毛を脱毛するときには、美容系のクリニックでもサロンでも、ムダ毛の毛根に密集している黒いメラニン色素と、黒い色に反応して熱を発生する性質がある特別な周波数の光を反応させて、発生した熱のエネルギーで毛根にダメージを与えることが一般的です。毛根にメラニン色素が密集しているため、効率よく熱を発生させることができ、毛根にダメージを与えることができるという仕組みで、ダメージを受けた毛根は毛を作る働きが弱くなるため、ムダ毛が細い産毛のように目立ちにくい毛質になったり、生えにくくなったりする効果を期待することができます。クリニックの医療脱毛では、脱毛に使う光のパワーが強いため、毛根に与えるダメージも大きく、ダメージを受けた毛根からムダ毛が生えてこなくなる永久脱毛をすることができます。
秋の脱毛では、あまり日焼けをしていない人なら大丈夫なのかもしれませんが、まだ日差しが強くうっかり日焼けをしてしまうことがあったり、夏の間に日焼けをしたことで肌の中にメラニン色素が増えている状態が続いていたりすることがあるので、日焼けによるメラニン色素と脱毛に使う光が反応してしまう可能性があるので注意が必要です。肌の中のメラニン色素は、毛根に密集しているメラニン色素よりも少ないので、火傷をしたりする心配はほとんどありませんが、万が一のことを考えると、日焼けが落ち着いてから施術を受けることをおすすめします。
また、肌の中にメラニン色素が多い状態で光をあてると、肌のメラニン色素と光が反応してしまい、毛根に届く光が減少する可能性もあります。毛根に届く光が少なくなることで、脱毛効率が低下してしまう可能性もあるため、日焼けをした直後や日焼けの程度が高い場合には、サロンでもクリニックでも、施術を受けることができない場合が多いのです。せっかく施術を受けに行っても、断られてしまう場合が多いので、日差しが弱くなってきている秋と言えども、日焼けをしないように、日焼け止めクリームを使ったり、肌が隠れる衣服や日傘で肌を守ることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です