春の脱毛で気を付けるポイントとは

脱毛処理を希望するなら、暖かさが感じられる春の時期から始めたいと願う人が多くなってきます。エステサロンでもそのことを承知しているためか、盛んにお得なキャンペーンを開催する光景が目立ちます。
人気の季節ではあるものの、春から脱毛を始める場合、注意するポイントがあることを意識して利用したいところです。
この時期は日差しが徐々に強くなってきます。意外なことに、1年を通じて4月~5月の間は最も紫外線の量が多い季節でもあります。日差しの暖かさが心地良くあるものの、5月頃になると日差しが眩しく感じられるようになるのが特徴です。
紫外線は日差しの中に含まれます。7月や8月のように肌をこんがりと焼くような紫外線ではありませんが、肌の奥へと浸透する紫外線ダメージが蓄積しやすい季節ですので、脱毛施術を受けることによって紫外線ダメージで敏感になっている肌がトラブルを引き起こす危険が高くなります。
見た目ではわからないものの、エステサロンやクリニックの光やレーザーによる脱毛処理は、皮膚の奥に熱処理を加えてむだ毛を取り除きますので、施術直後から数日間は少し炎症を起こしている状態です。そこに紫外線ダメージが加わると炎症が強くあらわれたり、シミの原因になるなどのリスクを伴うため、注意しましょう。
おすすめの対策方法として、施術後に肌が落ち着いてくるまで、露出度の高い衣服を着用しないように配慮したり、日焼け止めや帽子、日傘などで日差しを防止するような生活を送るようにしてください。これで脱毛施術におけるトラブルを抑えることができます。
冬よりはましではあるものの、春はまだ乾燥した季節に該当します。埃がよく巻き上がるくらいに湿気が少ない状態です。同時に肌が乾燥しやすいため、脱毛施術で肌が敏感に反応してしまう恐れがあります。基本的に脱毛施術は敏感肌でもできるほど安全性が高いものですが、肌への負担が全く無いものではないため、出来る限り肌の保湿を保って外部刺激に強い状態に整えたいところです。
ですので、この季節には保湿ケアを怠らないようにしましょう。ローションや乳液、クリームなどで整えてあげると、乾燥から肌を守ることが可能です。顔用だけでなく、全身用の商品も売られています。特に洗顔やお風呂に入った後は皮脂が取り除かれて乾燥しがちですから、直ちに適切な保湿ケアをするように徹底しましょう。
これらのポイントに注意すれば、基本的には問題ありません。暖かい季節ですので、施術中に肌を露出しても寒くないメリットがあります。但し、夏までにむだ毛処理がほぼいらなくなるほどツルツルの状態にするには時期的に遅いため、前年の秋や冬など、もっと前の段階から脱毛施術の依頼をしたほうが良いといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です